スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応募数

公募の応募数を見てみると
1万通を超えるものから、1桁のものまで幅広いです。


応募数が少ないものの方が狙い目ですが
それは応募する時点では分かりません。


毎号、公募ガイドをみていると
「あ~!これ応募すればよかった」
なんてのも出てきますが

応募数の少ないものって
テーマが難しかったり、簡単にできる物じゃなかったりするんですよね。


でも以前、応募数40通のもので
落選した時には、相当がっかりしました・・・。



人気ブログランキング




図解・企業論文の書き方―日本IBM・SE論文10年連続入選の経験に学ぶノウハウ

スポンサーサイト

文才

私はあまり本を読みませんが


「この人は文章がうまい!」
と思った作家が一人だけいます。


それは・・・・


司馬遼太郎。

文章にムダがないんです。
それでいて
侍のようにスパッ、スパッと
切れ味のよい文章。


特に短編が上手いなぁと思います。


私の心のバイブル(?)
「新撰組血風録」

引越しの際
主人に捨てられました・・・。


何で捨てちゃったんだろうな・・
止めればよかった。


人気ブログランキング




司馬遼太郎短篇全集 (5)

一コマまんが

イラストの幅を広げようと
一コマまんがに挑戦しました。


昔、漫画家を目指したこともあって
自信満々に描きましたが


出来上がってみると
子供並の発想・絵はぐちゃちゃ
おまけに水彩で描いたので
ハガキが丸まっていました。


とりあえず、逆からハガキを丸め
何とか平らにし


「えいっ!」とポストに投げ込み
家に逃げ帰りました。


1ヵ月後・・・
お風呂に入っていると


母が突然、風呂場に現れて
「何か○○の××で、入選がどうのこうのって電話が・・・」



と言うので
体を洗っている途中でしたが
バスタオル1枚で慌てて電話に出ました。



すると例の一コマまんがが賞をとった!とのこと。
しかも、私の作品を推してくれた方からの
直々の電話でした。


後日、「佳作」の文字と共に
作品集が送られてきました。


見てみると
プロ並にうまい絵の中で、一つだけ稚拙な絵が
(私です)


なぜ?
なぜ?このような絵を?


嬉しさ半分、
そして自分の未熟さを恥じました。


精進しないと。



人気ブログランキング




本屋にはないマンガ

当選のコツ

かなり前のことですが
野球の観戦チケットが当たったことがあります。


ちょうど試合の日が、親の結婚記念日で
ハガキに
「今まで(親の)結婚記念日に何もしてあげてないので
 このチケットを両親にプレゼントしたい」

と書いた記憶があります。


偶然なのか、それとも読んで選んでくれたのかは
分かりませんが
思い出してみると
イラストやコメント付きのハガキで出した方が
確かに当たってます。


今は機会で当選者を選ぶところも多いですが
やはり受け取る側としては
何かしら、心に響くハガキを選んであげたくなるんでしょう。


・・・と信じて
ハガキを書いています。

【本日の投函】
懸賞
・宿泊券・・・・・1通
・トースター・・・1通
・おむつ1年分・・1通

人気ブログランキング




バカにしてはいけない!これが懸賞必勝のコツ

ライバル

ぽにーには、密かに思っている(心の)ライバルがいます。
相手の方は、当然ぽにーのことは知らないと思いますが


イラスト系で1人、文章系で1人います。


文章系はベテランさんで、この世界では有名な方です。


イラスト系は、ぽにーよりうんと若くて
最近めきめきと頭角を現している方です。


このお二人の入選作を見ては
やっぱりすごいなと思ったり
がんばろう!と思ったりします。


いつか肩を並べる日が来たらいいなぁ・・・。
(私って「いつか」ばかりですね

人気ブログランキング





ライバルを探せ!―対立構造のすすめ

見られる~。

さてさて
「お~い!お茶」の俳句に応募した訳ですが


初めは出そうかどうか迷いました。


だって
自分の俳句が、名前付きで載るんですよ。


こっぱずかしいですよね。


特に知ってる人に見られると。
「あれ?これってぽにーじゃない?」
みたいな・・・。


まぁ、でも
これだけ大きな規模で募集をかけているし
応募数も1万通とか軽く超えるし


腕試し・・・で出してみました。



すると信じられないことに「佳作特別賞」
(詳しくはこちら


奇跡が起きました~。


通知が届き、しばらくすると
私の俳句が乗った「お~い!お茶」が送られてきました。


その数12本


恥ずかしい気持ちなど、ふっとび
しばらくそのペットボトルを眺めていました。


実家にも1本あげました。


その後
コンビニやスーパー、ドラッグストアに行くたび

私の俳句付き「おーい!お茶」を探すのですが
とうとう見つかりませんでした。


現実はこんなもんですね。


やっぱり優秀賞とらないと、爆発的に世に出ないんですね。


ホッとしたような
がっかりしたような・・・。


【本日の投函】
懸賞
・バッグ・・・・・1通
・絵本とCD・・・1通



人気ブログランキング




今日から奇跡が起こる120の法則

お~い!お茶

毎年すごい応募数で
半分あきらめながら出しているのですが

公募生活2年目のときに
1本の電話が入りました。


「最終選考に残りました。」


驚きです!
最終審査に残れるなんてすごーい。
舞い上がっていると
突然質問をされました。


「この作品は、今回の賞のために考えられましたか?」


思い出してみると
ストックしていた俳句の中からの応募だったので
「違います。」
と素直に答えました。


電話を切った後、隣で聞いていた母が
「バカだね~。ああいう時は、ウソでも
 今回のために作りましたってアピールしないと!
 これで印象が悪くなったよ。」

なんていうので
すっかりあきらめていた所・・・。


ある日、主人が
「あっ!そういえば・・・」
と職場のカバンから、一枚のハガキを取り出しました。


「何?」と見てみると


そこには
「お~い!お茶  佳作特別賞」
と書かれていました。


「うそ~!!やった、やった~。」
と喜んだあと、ふと我に返り


「何で持ってるの?」と聞くと


「よく分からないけど、これが職場に届いてて
 上司から渡された。」と言うのです。

当時、社宅に住んでいましたが
職場と社宅は住所が別で
このハガキの住所は、ちゃんと社宅宛になっていました。


「いつ届いたの?」と聞くと

「う~ん、多分3日くらい前。」


そんな大事なハガキを3日も忘れているなんて・・・。


通知のハガキを見てみると
何と!


私の作品が、ハガキに載っていました~。
が~ん。


これは間違いなく、主人の上司に見られている~。


ぎゃ~!!!
はずかしい~。


郵便屋さん、
これからは自宅に届けてくださいね。


ほんとうにお願いします・・・。


(ちなみに、私の作品が載っている、おーい!お茶750ml、12本と賞状・作品集 をもらいました。)


【本日の投函】
懸賞
・食事券・・・・・1通

人気ブログランキング




伊藤園 お~いお茶(24本)

入選歴

公募ですが、5年間で13件入賞しました。


H13年
・イラスト(佳作)・・・・・・5千円
・年賀状デザイン(佳作)・・・アロマセット
・エッセイ(入選)・・・・・・1万円
・一コママンガ(佳作)・・・・作品集


H14年
・企画(入選)・・・・・・・・図書券3千円
・クイズ・・・・・・・・・・・カニ2匹
・絵手紙(入選)・・・・・・・賞状・切手・ハガキ
・年賀状(入選)・・・・・・・5千円
・メッセージ(優秀賞)・・・・2万円


H15年
・俳句(佳作特別賞)・・・・・ペットボトル12本・賞状
・アイデア(採用)・・・・・・図書券3千円
・俳句(優秀賞)・・・・・・・図書券3千円


H16年
・モニター・・・・・・・・・・9千円
・企画・・・・・・・・・・・・商品券3千円


H17年
・クイズ・・・・・・・・・・・毛蟹1匹、タラバカニ2匹



総額
(現金)4万9千円
(商品券)1万2千円


です。


公募専用の通帳を作り、
このお金でマンションを購入しようと思っていましたが
現在はアトリエ建築の費用として貯めています。



今のところ、机が買えるくらいですね・・・。


↓現在46位です。皆様ありがとうございます
人気ブログランキング




夢をかなえる仕事術―KAORUKOの幸せを呼ぶ法則

相性

公募には、毎年募集をかけている所が結構ありますが
2年連続で入選したことがあります。


しかも2箇所です


この2つの応募先には
必ず出すように心がけています。


入選に必要なのは
努力・実力・運・・・・と相性だと思っています。


【本日の投函】
懸賞
・宝くじ100枚・・・1通
・食器・・・・・・・・1通

人気ブログランキング




水彩色鉛筆で描く―基本から多彩な表現方法まで

年賀状2

次の年も、「今年こそは!」と思い
「ひつじ」を30枚ほど描きました。


そして運良く1枚が入選~!!
またまた5000円ゲット。


今度は入選した作品を、縮小コピーでくっつけてくれたので
確認できました。


でも
「これはいけるぞ」というお気に入りの作品ではなく
「これはダメだなぁ。まぁいいか、送っちゃえ~」
って作品が入選したので驚きました。


本当に人の好みは様々なので
どんな作品でも出した方がよいなと教訓になりました。


そして、今年こそは失敗しないぞと
応募先へ気合を入れて電話をしました。


「すみません、私の作品が入選しましたが
 年賀状になりますか?」
と聞いたところ


「数を多くとっているので、年賀状に使えそうなデザインは
 使わせてもらいますが、今の所未定です。」
とのお返事。


改めて作品を見てみると
『ひつじが布団や靴下と一緒に、洗濯バサミで干されている絵』


う~ん、
元旦と全く関係ない・・・


とにかく、年賀状発売の頃を待ち


パソコンを持っていなかった私は
彼(今の主人)に絵柄を見せ
載っているかどうか確認してもらいました。


その日の夜
主人から電話が入りました。


「同じ絵はなかったけど、似たようなのがあったよ。
 多分これだな。」
と言うので郵送してもらいました。


2日後、届いたので見てみると


全く別人の作品が印刷されてました。
がっかり・・・。


そういえば問い合わせの時に
「選考の時に同じような発想が重ならないようにしています」
と言っていました。


ようするに
発想は良かったけれど
年賀状としては使えなかったんですね。。。。


あぁ、いつか必ず自分の年賀状を手に入れるぞ。

人気ブログランキング




年賀状デザイン集 (2004)

年賀状

毎年、年賀状のデザインが募集されます。


「自分のデザインした年賀状で、今年は出すぞ~」
と意気込み


最初の年は、「うま」20枚程度を描きました。


応募先は4~5件あったので
同じような作風が重ならないように、振り分けて応募しました。

イラスト系って、審査員の好みもあると思うので
色々なパターンを用意した方がよいかな・・・と。


そして、その20枚の中の一枚が入選しました。
やった~。


現金5000円をいただき
自分のデザインした、年賀状を買う気満々でいました。
(かなり高くつきますが・・・)


そろそろ、年賀状発売の頃
友達のMよんにお願いして、パソコンを見せてもらいましたが


私の作品がどこにもない!!


ぽにーショック!!!
結局これも分からずじまいです。

人気ブログランキング




できる筆まめVer.10 Windows版―年賀状はもちろん往復ハガキや名刺も簡単に作れる!

ハガキ代

懸賞は、ハガキとペンがあれば
簡単にできますが、ハガキ1枚50円って結構高い!


そこで、エコーはがきを買ったりするんですが
すぐに売り切れてしまうので
何度もムダ足を踏んでしまいます。


かと言って、普通の官製はがきを買うのも
何だかなぁと考えた末・・・


かもめーる・年賀ハガキを、大量に買うことにしました。
当選日まで、待ってハズレを使うのです。


100枚買うと、だいたい切手シートが
3枚当たります。
切手シートは、50円と80円でセットになっているので
切手を買わずに済むようになりました。


初めは「ふるさと小包」狙いでしたが
一向に当たらないので
最近は、切手狙いで買ってます。


当然、送られてきた、かもめーる・年賀はがきも
ちゃんととっておき、抽選日に確認します。



昔は、全く気にせず、捨てていました。

切手シート、何枚当たってたんだろう・・・
もったいない・・・。


【本日の投函】
懸賞
・1万円・・・・1通

人気ブログランキング





短い手紙・はがき・一筆箋―お祝い状からおわび状までそのまま使える294文例

当選歴

ずっと公募のことばかり書いていたので
懸賞について書こうと思います。


中学生の頃から、欲しい物があれば応募していましたが
本格的に始めたのは
TV「電波少年」の「なすびの懸賞生活」がきっかけになってます。


私も「総額100万円当てるぞ~!!」と
はりきっていたのですが、未だに100万円に届かず
ハガキ代の方か高いかもしれません・・・。


パソコンでも懸賞応募できますが
私はどうやら、ハガキを1枚1枚書いていく方が
合っているようです。
(きっと職人気質なんでしょう)

さて、さて
当選歴ですが


H15年
・QUOカード(500円分)
・JTB宿泊券(10万円分)
・サインペン(10本入り)

H16年
・現金(10万円)
・小鉢(食器)

H17年
・ホクト文具セット


H15年以降はメモを取ってなかったので
忘れてしまいましたが
4~5回は何かが当たってると思います。

懸賞もがんばろう~っと。


【本日の投函】
公募
・キャッチフレーズ・・・・1通

人気ブログランキング




「なすびの懸賞生活」ここが知りたい

名付けセンス

以前、「ベトナムの焼酎」のネーミングを募集していました


それまでハガキ1本で応募してましたが、
主人と結婚してパソコンという武器が手に入ったので・・・


パソコンで応募してみました


帰宅した主人が、パソコンの前においてある私のメモをみて・・・


「何? ナム酎って?」
と、聞くので、募集要項を見せ、


「ベトナムの焼酎だから ナム酎・・・」と答えると


「ぷっ」と笑われ、
「だめだよ~。それじゃあ意味わかんないよ~」と大笑い


「じゃあ、○○(主人)はどうなの?」と聞くと、笑いながら
「そりゃもうナム酎しかないなぁ~!ナム酎最高~!」
と、かなりバカにされました。


ふんが~


やはり、「ナム酎」は落選・・・。
入選した作品をみて主人が
「なんでナム酎のよさがわからないのかなぁ~?」とニヤニヤ


まあ、確かにネーミングでは一度も入選してませんが・・・
名付けセンスないのかな・・・。


【本日の投函】
公募
・クイズ・・・1通
・ネーミング・・・1通


人気ブログランキング




画数で選ぶ赤ちゃんの名付け新事典―男の子・女の子の幸運を呼ぶ名前の付け方

封筒

とにかく賞を取りたくて
膨大な量のイラストを書き続けました。


そんなある日、公募ガイドをパラパラめくっていると
あることに気付きました。


審査員に有名な名前がちらほら・・・。


「これだ~!」


ぽにーはひらめきました。


そして、自分の好きな緑色の封筒を100均で大量買い。
なぜかと言うと・・・。


封筒を派手にすることで
審査員の目に留まり


「おや?この子また出してるな~。
 今回はダメだったけど、○○出版に紹介でもしようかなぁ」


なんて展開を期待して
作品を緑色の封筒で送っていました。


でも・・・
よく考えたら
審査員には、封筒から出した状態で届けられるんですよね。



がっくし。。。


きっと
封筒から出す人は

「お!また、ぽにーとかという人から来てるぞ。
 懲りないなぁ」

なんて思われていたかもしれません・・・。


【本日の投函】
公募
・クイズ・・・・1通

人気ブログランキング




カラト アクェレル水彩色鉛筆スケッチセット  24色

5年前は・・・

公募を始めた頃は、応募するだけで
ボールペン・QUOカードなど
参加賞をくれるところがありました。


結果はダメでも、得した気分になったものです。

もらえたのは、最初の一年ほどで
最近は全くありません。


景気が悪くなったからかなぁ・・・。


バブルの頃はもっともらえたかも知れないなぁ。


出遅れた~。

人気ブログランキング




ネコの描きかた―Cat’s art

二つ

公募のだいぶ後に、アフィリエイト生活も始めましたが
HP収入の方が「圧倒的」に多いです。


何せ、(公募の賞金)5年分を一ヶ月で稼げてしまったのですから・・・。


でも、公募のいいところは
ドキドキ感。

毎日、郵便が来るたびに
「来たかな~、来たかな~。」
とワクワクしながら、郵便を取りに行くのです。


まぁ、なかなか入選しませんが・・・


ということで


毎日結果が分かる、アフィリエイト。
忘れた頃に結果が出る、公募。



どちらもやめられません~。


【本日の投函】
懸賞
・旅行券・・・・・・1通
・メガネ商品券・・・1通
・図書券・・・・・・1通
・図書カード・・・・1通
・食品・・・・・・・1通
・ドリンク・・・・・1通

公募
・ネーミング・・・・1通


人気ブログランキング




「入選する俳句」のつくり方―投句から始める俳句上達術のススメ

ペンネーム

さてさて、
たった数回の入選で
すっかり気をよくしてしまい


ペンネームも密かに考えました。

イラスト系・文章系
二つ用意し
サインの練習までしていましたが


HNの「ぽにー」がすっかり定着しているので
もうこれで行くぞ~。


名字をかんがえなきゃ。


あっ!
それより賞をとらないと・・・。


はい!分かっておりますっ!!


人気ブログランキング






ペンネームの由来事典

地域

「公募ガイド」は毎月9日発売です。

私は毎月発売日に買いに行くのですが
前に住んでいたところは

11日発売でした。
さらに、11日が土曜日の時は
13日・・・・。


4日も発売日が遅れるなんて
今までの公募生活では考えられませんでした。


損した気分と言うか・・・
締め切りが早いものだと
すぐに出さなければいけません。


でも、ぽにーは好きな公募から
順に応募していくので
必然的に苦手な項目が残っていき

「さて、応募するか~」
と重い腰を上げた頃には、締め切り後・・・。


今いる所では、発売日にきっちり買えるので
それだけでも幸せです。



人気ブログランキング




差をつける文章術・表現術―この66の法則で「書く力」と「考える力」が身につき、ビジネスセンスが格段にアップする!

発売日

手に入れました!
「公募ガイド」10月号。

もう、家に着くまでワクワク・ドキドキ。
5年経ってもいまだにですから
公募の力はすごいなぁ。。。


さて、娘が寝入った所で
早速本を開き、応募したいものにチェックをしました。


気になる記事がひとつ。

「公募で100万円を手にした人たち」

ふむふむ・・・
と読んでいくと


私と同じく
公募歴5年の方が
120万!!


私なんて・・・

私なんて・・・


たった4万円。。。


私もいつか、総額100万目指してがんばります!
何年かかることやら。。。


【本日の投函】
懸賞・・・・オーブントースター1通・・・。





アート系公募展に出品しよう (続)

まるで職人

私の部屋は、小さな職場になってました。

封筒はB5~A3までそろっているし
切手も50円・80円・120円と常に常備。


家族からは重宝されてました。

その頃から
「こんな狭い所じゃなくて
 もっとちゃんとした仕事場が欲しいな」

と生意気に考えていたものです。
(プロでもないのに・・・)


アトリエの設計図も作りました。


恥ずかしくてお見せできませんが・・・


人気ブログランキング





なっちゃえ!女性ライター―どうしてもライターになりたい女性への贈り物

ひみつ

公募をしていることは、あまり人には言ってません。
文学系って暗くみられがちで・・・。

主人にも言えずにいました。


でもある時
主人(当時付き合っていました)が家に来ました。

そこで、私は思い切って
「今まで黙ってたんだけど・・・」
と画材道具がいっぱい置いてある、私の部屋を見せました。


でも主人は
ポカーンと私の部屋を見た後
「何が!?」


(のんびりな人でよかった)

私が今やっていること
公募ガイドの説明をしたら、やっと分かってくれました。


今では良き理解者です。


一つ文句を言えば
人の作品を勝手に見ること!

しかも見た後、大爆笑。


ムキ~!!
失礼な。今に見ておれ~

人気ブログランキング




新・画材大全―新しい画材ガイド

やめられない

さて、公募生活にもどっぷりはまり
その後も、ちょくちょく賞をいただきました。

その頃は、本命のイラストに留まらず
エッセイ・短歌・・・と幅広く応募していました。


「わたしはイラストが好きだけど
 もしかしたら、別のジャンルで認められるかもしれない」

その考えが見事当たり、
初エッセイで優秀賞!


何と。
現金書留で一万円が送られてきました。
こんな経験は生まれて初めてで
しばらくは、現金書留の封筒を見てはニヤニヤ・・・


そんなこともあって
公募熱は一気に加速。


今まで以上に
書いて書いて、出しまくりました。

その頃、今の主人と出会いました。


ここで一気に恋愛へと転んでしまう・・・
かと思いきや


月~木・・・公募生活
金土日・・・主人


ときっちりわけてました。


26才ともなれば割り切れるもんだ

人気ブログランキング





「カルピス」の忘れられないいい話―感動の公募エッセイ集

初入選

公募生活から早5ヶ月。


「絶対仕事やめるぞ~」
と気合入れながら、
来る日も来る日も作品を作っては投稿していました。


絵を書くのが好きだったので
イラスト系の公募ばかり応募していました。

そんな、こんなで5ヶ月。
入選の「に」の字もありませんでしたが


私は
「死ぬまでに一回くらい入選すればいいや」
と、現状と相反する気持ちでいました。


そして、ある日
職場から帰宅すると
玄関に私宛の小包が!!



「あ~!!」と叫び、開けると


「入選おめでとうございます」
の文字と共に、アロマセットが入っていました。


本当に本当にうれしかった。

でも、色々投稿しすぎて
どの作品が入選したのか、未だに分かっていません。


気になる~。

人気ブログランキング ← 人気ブログランキング♪



続 アート系公募展に出品しよう―国内・海外公募攻略法

24歳

朝9時出勤、夕方5時帰宅
土日祝休み・・・。


と聞けば「とてもいい職場」に思えがちですが
3ヶ月もてばスゴイと言われる
この悪劣な仕事場で2年間耐えました。



月給13万円の中で
こづかい・・・5万円
実家へ・・・2万円
残り・・・6万貯金、とやりくりしながら


17時に家に帰り
毎日毎日創作活動に明け暮れました。

24歳といえば青春まっさかり。
もうね、今だから言えるけど
クリスマスもバレンタインも創作活動してました。
うぇ~ん


私の中では
「一生独身かも!?」って思ってたので
公募生活にも熱が入ってました。


「賞とってマンション購入するぞ~!」
って



アート系公募展にチャレンジしよう―全国公募展データ180掲載

公募生活スタート

23歳の頃、勤めていた会社をやめました。
残業手当がきっちりつく所で、多いときで20万もらってました。


でも帰りが遅く
20時、21時になることもしばしば・・・。


私は私生活を充実させたいタイプなので
自分の時間が取れないことがストレスとなり
スパッと辞めました。

その後、半年間職が見つからず、一人旅をしたり、自由に暮らしていました。



24歳も間近
ようやく仕事が見つかりましたが
あまりに理不尽な職場で
初日に辞めたくなりました。

唯一いい所といえば
そこは17時になると
上司自ら「帰りなさい」と言ってくれるので
自分の時間が沢山できました。


早く仕事を辞めたい。
でも、彼氏もいないし・・・
そろそろ、いい歳だし、次の就職先も難しいかなぁ。


・・・
とその時、私の脳裏に浮かんだのは
「公募ガイド」
(短歌・小説・イラストなどの賞金付きの情報がのっています)


24歳の秋のことでした。




公募ガイド Vol.6

プロフィール

ぽにー

Author:ぽにー
旦那、娘の3人暮らし。



公募での入選29回。
・イラスト 4
・エッセイ 2
・1コマ漫画 1
・絵手紙 1
・俳句 3
・モニター 3
・川柳 1
・短歌 1
・ネーミング 4
・フォト 2
・標語  1
・その他 6
 
獲得賞金は10万9500円
(金券も含みます)
・記念品 15個

懸賞は68回当選
(H15年よりカウント)


新聞掲載 21回
雑誌掲載 46回
・謝礼合計
(8万9000円)
※金券も含みます

夢はキャラクターデザインで賞をとること!

アクセスカウンターホスティングサービスIP電話リサイクル ショップ 大阪府

節約やりくり生活

blog ranking

  人気ブログランキング

最近の記事

    全タイトルを表示
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。